2012.08.25

酒井高徳が母親の母国であるドイツ代表選択を検討「オプションとして考えている」

ドイツ代表選択を考慮していると明かした酒井

 シュトゥットガルトの日本代表DF酒井高徳がドイツ紙『Stuttgarter Nachrichten』のインタビューに応え、日本代表での自身の扱いに不満を述べ、ドイツ代表を選択することも視野に入れていると語った。

 酒井は15日に行なわれた、キリンチャレンジカップのベネズエラ戦で日本代表に選出されながら出場機会を与えられなかったことに対し、「全くプレーできなかったことに、とても苛立ちを感じました」と話し、不満を露わにしている。

 ロンドン・オリンピックでの出場機会も少なかったため、「ここ数週間で起きたことには、納得がいっていません」と語る酒井は、「ドイツ代表を選択することはオプションとしてあります」とドイツ代表入りを考えていること明かした。

 酒井は、母親がドイツ人であり、日本のフル代表としての試合出場経験もないため、ドイツ代表を選択することが可能だ。

 ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督から招集を受ければ、「とてもうれしいことです」としながらも、「どちらの代表を選択するかはわかりません」と話し、日本代表とドイツ代表の間で揺れる気持ちを語っている。

 

[写真]=千葉格

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る