2012.08.24

清武がブンデス開幕節で先発デビュー濃厚…ドイツ誌報道

ブンデス開幕戦のスタメン濃厚で活躍が期待される清武

 ドイツ誌『キッカー』は、24日に開幕するブンデスリーガの予想スタメンを発表した。

 清武弘嗣が所属するニュルンベルクは、25日にハンブルガーSVと対戦。『4-2-3-1』の布陣で、清武は中盤前列3人の一角に入り、先発でブンデスデビューを飾ると予想されている。

 ブンデスリーガ開幕戦は、日本人選手が所属するチーム同士の対戦が多く組まれている。大津祐樹所属のボルシアMGと宇佐美貴史所属のホッフェンハイム、乾貴士所属のフランクフルトと細貝萌所属のレヴァークーゼン、岡崎慎司と酒井高徳所属のシュトゥットガルトと長谷部誠所属のヴォルフスブルク、酒井宏樹所属のハノーファーと内田篤人所属のシャルケが対戦する。

 同紙はそれぞれのスタメン予想も発表しており、乾と内田のスタメン入りを予想している。他の日本人選手はベンチスタートとなり、長谷部はベンチ外、酒井宏は負傷により欠場するだろうと伝えている。

 

[写真]=千葉格

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る