2012.08.13

ドイツ誌選定の昨季リーグ年間最優秀選手賞にロイスが選出、香川は4位

 ドイツ誌『キッカー』が2011-12シーズンのブンデスリーガ年間最優秀選手を発表し、ボルシアMG(現ドルトムント所属)のドイツ代表MFマルコ・ロイスが受賞した。

 同賞は記者の投票により選ばれ、ロイスは217票を獲得。2位のドルトムントのドイツ代表DFマッツ・フンメルスが獲得した108票の約2倍の得票数で選出されている。

 3位は95票で同じくドルトムントのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが続き、今シーズン、ドルトムントからマンチェスター・Uへ移籍した日本代表MF香川真司は66票で4位となった。

 ロイスは昨シーズン18得点を挙げ、ボルシアMGのリーグ4位躍進に貢献。今シーズンからはドルトムントに加入しており、更なる活躍が期待される。

 また最優秀監督部門も発表され、ドルトムントのユルゲン・クロップ監督が496票を獲得し、2年連続で選出された。

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る