2012.08.12

ボルシアMG監督、大津の進化を認めるも「レギュラー争いはハードだ」

ロンドン五輪で活躍を見せた大津

 ロンドン・オリンピックで3ゴールを挙げる活躍を披露したU-23日本代表FWの大津祐樹について、所属するボルシアMGのリュシアン・ファヴレ監督やチームメートがコメントを残した。ドイツの大衆紙『ビルト』が伝えている。

 

 ファヴレは大津について、「成長している。良く走っているよ」と評価しながらも、「彼は両ウィングでプレー可能だが、我々には(フアン)アランゴと(パトリック)ヘアマンがいる。(レギュラーの奪取は)ハードになるだろう」とコメント。リーグ戦でわずか3試合しか出られなかった2011-12シーズン同様、厳しいレギュラー争いが待ち構えていると語った。

 

 また、大津の移籍の可能性について尋ねられたファヴレは、「コメントできない。現時点では、大津はオリンピックが終われば我々の所に帰ってくる」と語るに留まっている。

 

 さらに、ボルシアMGに所属し、U-23スペイン代表としてオリンピックで大津と対戦したDFアルバロ・ドミンゲスもコメント。大津について「守るのがとても困難な選手だ。俊敏で素早く、トリックに富んでいる。祐樹は楽しみな選手だよ!」と話している。

 

[写真]=Getty Images

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る