FOLLOW US

PSGのレオナルド氏、エンバペとの契約延長に自信「来夏に去るとは思わない」

レアル・マドリードへの移籍が噂されるエンバペ [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマン(PSG)のレオナルドSD(スポーツ・ディレクター)が、フランス代表FWキリアン・エンバペの去就に言及した。15日、フランス紙『レキップ』が伝えた。

 エンバペとPSGの契約は残り1年を切っており、同選手は来夏にフリーでの移籍が可能となる。そんななか、今夏の移籍市場最終盤には、レアル・マドリードから1億8000万ユーロ(約233億円)とも言われる巨額オファーが舞い込んだ。しかし、クラブ間の交渉がまとまることはなく、同選手はPSGに残留することとなった。

 レオナルドSDは現地時間14日の夜、『キャナル・プリュス』のインタビューでエンバペの去就に言及。レアル・マドリードからの獲得オファーを拒否した理由を次のように語っている。

「我々はレアル・マドリードの行動に満足していなかった。移籍市場の最終週に世界最高の選手の一人と交渉を始めた。彼らが提示したオファーは、我々の視点では十分ではなかった。我々が(エンバペ獲得時にモナコへ)支払った金額よりも少なかった。彼らから最終的なオファーが届くこともなかった」

 レアル・マドリードはエンバペのフリー移籍を狙っているとも伝えられているが、レオナルドSDは「私はキリアンが今シーズンの終わりに退団するとは思わない」とコメント。「エンバペとPSGの関係は深い。ここにいる誰もが、彼のいない未来を考えていないと思う」と、同選手との契約延長に自信を示している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO