FOLLOW US

東京五輪敗退の仏代表FWジニャク、クラブの招集拒否にチクリ「2024年には…」

U-24フランス代表のキャプテンマークを巻いたジニャク [写真]=Icon Sport via Getty Images

 東京オリンピックに出場中のフランス人FWアンドレ・ピエール・ジニャクが日本戦を終えてコメントした。28日、フランスサッカー連盟(FFF)が公式HPでコメントを掲載している。

 U-24フランス代表は28日、東京オリンピック第3戦でU-24日本代表と対戦し、4-0と完敗。主力を欠いての参加となった東京オリンピックは1勝2敗で予選敗退に終わった。

 オーバーエイジ枠として東京オリンピックに出場したジニャクは大会を終えて「最初から最後まで何が何だかよくわからない状態だった。言い訳はできないが、今日はホームチームと対戦して、彼らは大会での優勝を目指していて、その結果困難なグループになったね」と悔しさを滲ませた。

 またMFエドゥアルド・カマヴィンガやDFマラング・サールなど8人が当初の招集メンバーから外されており、それはいずれも所属クラブが世代別代表への招集を拒否したことによるものだった。ジニャクは「言い訳はしたくない」とした上で、「それでも(パリで五輪が開催される)2024年には、ホームだからできるだけ良いチームを作ることを願っているよ」と釘を刺した。

「2024年には彼らは良いチームと選手を選んでいるだろう。フランスで行われるのだからクラブも招集に応じるだろうね」

「僕たちはここでEUROの準決勝に進出した6人のスペイン人選手を見たよ。それでも僕はこのメンバーで戦うと言ったんだから言い訳はない。僕らが一緒に経験してきたものは世界中の何にも変えられないよ」

 また、パリ大会での出場について問われると「僕は40歳までプレーするつもりだけど、アントワーヌ(・グリーズマン)やキリアン(・エンバペ)もやりたいのはわかっているし、3番目は誰かわからないね…」と応じ、あくまで出場の願望は捨てていないようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO