FOLLOW US

PSGでクラスター発生か…新たに主力3選手の新型コロナ陽性反応が確認

PSGでは新たに主力3選手の新型コロナ陽性が確認された [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマンは4日、新たに3選手の新型コロナウィルス陽性反応が確認されたことをクラブ公式HPより発表した。

 同クラブは2日、ブラジル代表FWネイマールをはじめとしたチームの主力メンバー3選手が新型コロナに感染していたことを発表。一部メディアにより、3選手は休暇中、旅行を共にしていたと報じられており、旅先で感染してしまった可能性が高いようだ。

 フランス紙『レキップ』によると、この度新たに感染が確認された3選手はブラジル代表DFマルキーニョス、コスタリカ代表GKケイラー・ナバス、そしてアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディだという。同選手らの行動範囲は特定されておらず、他の選手に感染が広がっていることも否定はできないようだ。

 同紙はクラブ内でのクラスター発生の可能性を危険視しており、すでに開幕しているリーグ・アンの試合日程にも影響が出ることを予想している。PSGは現在、延長されたチャンピオンズリーグからの休暇中のため、リーグ戦にも参戦していない。9月11日から初戦を控えている同クラブだが、この度の複数選手の陽性反応を受け、限られたメンバーで挑むことになる場合もあるようだ。

 欧州でも今シーズンのリーグ戦や新全試合などが各地で開催されているが、選手の感染に伴ったチームのローテーションなど、今までとは異なった要素が勝敗を大きく左右する可能性も出てくる。果たしてサッカー界は、今後「ウィズコロナ」の中でどのような発展を遂げていくのであろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO