FOLLOW US

マルセイユの次期監督はヴィラス・ボアス氏? 給与や契約年数で大筋合意か

ポルトでの実績が買われ、2011年にチェルシーの監督に就任したヴィラス・ボアス氏 [写真]=Getty Images

 アンドレ・ヴィラス・ボアス氏のマルセイユ監督就任が間近に迫っているようだ。27日にフランスメディア『France Football』が報じた。

 来シーズンのUEFA(欧州サッカー連盟)主催大会への出場を逃したマルセイユは、22日にルディ・ガルシア監督が今季限りで辞任することを発表しており、その後任候補を探している。

 ジョゼ・モウリーニョ氏の愛弟子としての実績を買われ、チェルシーやトッテナム、ゼニトなどで監督を歴任してきたヴィラス・ボアス氏。2017年に上海上港の監督を退任した同氏には、複数のクラブが来季の監督招へいに関心を示している。

 マルセイユとヴィラス・ボアス氏は年俸720万ユーロ(約8億円)で2年契約を結ぶことには既に合意している模様で、現在は同氏が連れてくるコーチ陣の人数とその給料がいくらになるかを巡って交渉中のようだ。

リーグ・アン観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA