2019.05.20

ムバッペの移籍は既定路線? 最優秀選手賞授賞式でのスピーチが話題に

キリアン・ムバッペ
移籍のほのめかしたムバッペ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが今シーズンのリーグ・アン年間最優秀選手賞と年間最優秀若手選手賞を受賞し、その授賞式の際のコメントが話題となっている。イギリスメディア『スカイスポーツ』を始め複数メディアが報じている。

 ムバッペは2018 FIFAワールドカップ ロシアにフランス代表として出場し、優勝を経験。その勢いのまま入った今シーズン、28試合出場32得点9アシストと圧倒的成績を残しており、リーグの年間最優秀選手賞と3年連続となる年間最優秀若手選手賞を獲得した。また、このダブル受賞は史上初となるようだ。

 パリ・サンジェルマンでハイパフォーマンスを見せているムバッペだが、このまま同クラブに留まるつもりはないのかもしれない。ムバッペは授賞式で次のように語り、移籍をほのめかすコメントを残している。

「僕にとって、非常に重要な瞬間だ。キャリアのなかでのターニングポイントを迎えていると思う。ここでは多くの発見があった。そして、僕はもっと責任を負うべき瞬間が近づいてきていると感じている。それがここであるならばそれは望ましいし、喜ばしいことだけど、違う場所で新しいプロジェクトをはじめるかもしれないね」

 また、受賞式後のインタビューで真意を問われたムバッペは次のように返し付け加えている。

「僕は言わなければいけないことを言っただけだ。メッセージを伝えられる機会をもらえたから、自分のメッセージを伝えただけだ。もしこれ以上話せば、それは話し過ぎになってしまう。もうこれ以上はなすことはないよ」

 同郷のジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリードからの関心も報じられるムバッペ。絶好調の同選手は果たして活躍の場を移すのだろうか、注目が集まっている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング