2018.11.30

フランスで新生児に「グリーズマン・ムバッペ」の命名禁止? 政府が検討へ

キリアン・ムバッペ、アントワーヌ・グリーズマン
ロシアW杯制覇に貢献したムバッペとグリーズマン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 フランス政府は、新生児に「グリーズマン・ムバッペ」と名付けることを禁止する方針のようだ。フランスメディア『AFP』が28日に伝えている。

 フランスは2018 FIFAワールドカップ ロシアで20年ぶり2回目となる優勝を果たした。パリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペとアトレティコ・マドリードのFWアントワーヌ・グリーズマンは、同大会でゴールを量産。帰国時は、“英雄”のように出迎えられた。

 しかし、同メディアによると、フランス政府は子どもの将来を考えて、「グリーズマン・ムバッペ」のように目立つ名前を付けることを禁止するという。児童問題を引き起こすと判断された場合、家庭裁判所が夫婦に名前の変更を命じる可能性があるようだ。

 過去にはアルゼンチンで、同国代表FWリオネル・メッシに影響を受け、本来はファミリーネームである「メッシ」がファーストネームとして使用され、問題になっていた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング