2018.04.25

元仏代表監督、アンリ・ミシェル氏が死去…オリンピックで金メダル獲得の実績

アンリ・ミシェル
輝かしい成績を有していたミシェル氏 [写真]=Corbis via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 フランスサッカー連盟(FFF)は24日、アンリ・ミシェル氏が70歳で亡くなったことを発表した。

 1984年からフランス代表監督としてその手腕を振るい、同年のロサンゼルス・オリンピックでは金メダルを獲得。86年のFIFAワールドカップメキシコ大会ではミシェル・プラティニなどを擁し、同代表を3位にまで導いた。その後、カメルーン代表、モロッコ代表、チュニジア代表を率いてW杯を戦った経歴を持っている。2012年のケニア代表を最後に監督業から退いていた。

 FFFは同氏を追悼するコメントと動画を発表している。

「私たちは今朝、アンリ・ミシェルを失ったことを知り、悲しみに暮れている。彼は選手と監督として素晴らしいキャリアを持っていた。1984年にロサンゼルスで金メダルを獲得し、1986年にはフランスを準決勝まで導いてくれた。私たちは彼に深い哀悼の意を表している」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る