2018.01.21

ゼニト指揮官マンチーニ、パリに逆オファー「世界最高峰のクラブ」

ロベルト・マンチーニ
パリ・サンジェルマンに逆オファーしたマンチーニ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ゼニトのロベルト・マンチーニ監督がインタビューに応じ、パリ・サンジェルマンの監督に興味を示している。フランス紙『レキップ』が19日付で報じている。

 現在パリ・サンジェルマンを率いているウナイ・エメリ監督は今シーズン終了後に契約満了を迎える。そのため同クラブは次期監督候補として、多くの監督をピックアップし精査しているようだ。その候補の一人といわれるマンチーニ監督がゼニトの合宿先であるドバイでインタビューに応じ“逆オファー”をしたようだ。

「パリで指揮してみたい。将来は分からないが、今のパリには最高の選手たちを指揮する優秀な監督がいる。それでも何が起こるかは分からないから。当然のことだが、監督なら誰だってこんな素晴らしいチームを指揮したいと思うだろう。世界でも最高峰のクラブの一つだ。それに(ブラジル代表FW)ネイマールや(フランス代表FWキリアン)ムバッペが加わって、今ならチャンピオンズリーグ(CL)で優勝も不可能ではない」

 パリ・サンジェルマンはカルロ・アンチェロッティ氏退任後にも、マンチーニ監督を希望していたという報道が出ていたが、実現せずローラン・ブラン氏が指揮官に就任した。これを受けてマンチーニ監督は「パリ・サンジェルマンから連絡を受けたことは過去も現在もない」と明かした。

 続けて「繰り返すが、パリ・サンジェルマンで指揮してみたい。今はエメリがいて上手くやっているようだが、サッカーではすべてが変わる可能性がある」とコメントし、パリ・サンジェルマンにラブコールを送っている。

 地元紙は今シーズンCLをとれなければ契約延長せず退任とも報じている。マンチーニ監督はインテルでセリエA3連覇、マンチェスター・Cでもリーグ制覇を経験。現在はゼニトを率いロシアプレミアリーグで2位に導いている。イタリアの名将はフランスの地に活躍の場を移すのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る