2017.11.17

モナコ会長がダ・ヴィンチの絵を510億円で売却! クラブは今夏の移籍市場で464億円稼ぐ

リボロフレフ
モナコの会長を務めるリボロフレフ氏 [写真]=Icon Sport/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 先日、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵「救世主」がニューヨークのオークション会場で競売にかけられ、実に450万ドル(約510億円)で落札されたという。さらに、この絵を出品した人物が話題になっている。アメリカメディア『ブルームバーグ』が報じた。

 ダ・ヴィンチの絵を売った人物は、モナコの会長であるドミトリー・リボロフレフ氏だという。同氏は2015年にパブロ・ピカソやクロード・モネをはじめとする芸術家たちの作品を、適正ではない価格で購入した疑いがかけられている。しかし、「救世主」をリボロフレフ氏に売ったイブ・ブーヴィエ氏はこの事実を否定した。

 今夏の移籍市場でモナコは主力級の選手を数人放出しており、約464億円もの移籍金を獲得した。全金額が会長の元に行くわけではもちろんないが、オークションの売却額と移籍金だけで合計974億円を稼いでいる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る