2017.10.23

スターへの登竜門“ゴールデンボーイ賞”が発表! 18歳ムバッペが栄冠に輝く

キリアン・ムバッペ
ゴールデンボーイ賞に輝いたムバッペ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが、イタリア紙『トゥットスポルト』が主催する、ヨーロッパでプレーする最も活躍した21歳以下の選手に送られる「ゴールデンボーイ賞」を受賞した。

 同賞はヨーロッパの大手メディアで活動する記者30名により選考され、最終候補者3名にはムバッペのほか、マンチェスター・Cに所属するブラジル代表FWガブリエル・ジェズス、バルセロナに所属するフランス代表FWウスマン・デンベレ(バルセロナ)が残っていた。

 現在18歳のムバッペは“大本命”と見られていたが、下馬評通り見事に受賞を果たした。なお、昨年は当時バイエルンでプレーしていたポルトガル代表MFレナト・サンチェス(現スウォンジー)が選ばれていた。

 同賞を獲得した選手は、その後世界的なプレーヤーとして飛躍してきた歴史がある。過去の受賞者には、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、エヴァートンに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニー、マンチェスター・Uに所属するフランス代表MFポール・ポグバなど、そうそうたるメンバーが名を連ねている。

 ムバッペはモナコの下部組織出身。2015年12月にトップチームデビューを果たし、2016年2月には17歳26日でプロ初得点を記録した。若手ながら主力選手として活躍した昨シーズンはモナコに17シーズンぶりのリーグ・アンのタイトルをもたらし、今夏は多くの強豪から“獲得したい選手”として注目された。

 結局、移籍期間最終日に、パリ・サンジェルマンに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。今シーズンはここまで公式戦11試合に出場し、4得点4アシストをマークするなど、早速活躍を見せている。

 フランス代表としても今年3月にA代表デビューを果たし、8試合に出場して1得点を挙げるなど、早くも常連メンバーに定着しつつある。

■歴代の「ゴールデンボーイ賞」受賞者
(カッコ内は受賞時に在籍していたクラブ)

2017年 キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
2016年 レナト・サンチェス(バイエルン)
2015年 アントニー・マルシャル(マンチェスター・U)
2014年 ラヒーム・スターリング(リヴァプール)
2013年 ポール・ポグバ(ユヴェントス)
2012年 イスコ(マラガ)
2011年 マリオ・ゲッツェ(ドルトムント)
2010年 マリオ・バロテッリ(マンチェスター・C)
2009年 アレシャンドレ・パト(ミラン)
2008年 アンデルソン(マンチェスター・U)
2007年 セルヒオ・アグエロ(アトレティコ・マドリード)
2006年 セスク・ファブレガス(アーセナル)
2005年 リオネル・メッシ(バルセロナ)
2004年 ウェイン・ルーニー(マンチェスター・U)
2003年 ラファエル・ファン・デル・ファールト(アヤックス)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る