2017.02.20

パリSG、再三の決定機生かせず痛恨のスコアレス 首位モナコと勝ち点詰めれず

決定機を決めれず悔しがるFWカバーニ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーグ・アン第26節が19日に行われ、パリ・サンジェルマンとトゥールーズが対戦した。

 直近のリーグ戦7試合で6勝1分けと好調を維持し、首位モナコを勝ち点差「3」で追うパリ・サンジェルマン。今節はモナコが17日のバスティア戦で引き分けに終わったため、勝利すれば勝ち点差「1」まで詰め寄ることができる。14日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのバルセロナ戦から中4日での試合のため、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアらを温存。先発には、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、ブラジル代表MFルーカス・モウラらが名を連ねた。

 試合は開始14分、右サイドのルーカスがアドリアン・ラビオとの華麗なパス交換でエリア内右に侵入。右足でグラウンダーのシュートを放ったが、GKアルバン・ラフォントが右手1本で阻止した。

 さらに16分、ルーカスがロングボールをエリア内右で巧みなトラップでコントロール。相手DF1人をかわしてエリア付近のカバーニにラストパスを送ると、右足をダイレクトで振り抜いた。強烈なシュートはわずかにゴール左上に逸れた。

 スコアレスで迎えた後半もパリ・サンジェルマンが猛攻。50分、エリア外左でパスを受けたカバーニが前を向いて右足でシュートを放ったが、GKの正面をつき、キャッチされた。直後の52分にはスルーパスでカバーニがエリア内右に抜け出す。右足で放ったシュートはGKの好セーブに阻まれ、こぼれ球を再びカバーニが右足で狙ったが、右ポストに直撃した。

 攻めるパリ・サンジェルマンは64分にエリア付近やや右でフリーキックを獲得。カバーニが直接狙ったが、壁に当たってわずかにゴール上に逸れた。68分には右CKにマルキーニョスが頭で合わせたが、枠を捉えたシュートは味方のプレスネル・キンパンベに当たり、ゴールラインを割ることができなかった。

 試合はこのまま両チーム得点を奪えずにタイムアップ。0-0の引き分けでパリ・サンジェルマンは勝ち点1を積み重ねるにとどまり、首位モナコとの勝ち点差を詰めることができなかった。

 次節、パリ・サンジェルマンは26日に日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユと、トゥールーズは25日にナンシーとそれぞれ敵地で対戦する。

【スコア】
パリ・サンジェルマン 0-0 トゥールーズ

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング