2014.01.04

親善試合でレアルに敗れたパリSG指揮官「クオリティの高い試合」

ブラン
パリSGのブラン監督がレアル戦を振り返った [写真]=Getty Images

 親善試合が2日、カタールのドーハで行われ、レアル・マドリードとパリSGが対戦。レアル・マドリードがスペイン人MFヘセ・ロドリゲスの決勝点で、1-0で勝利した。

 試合後、パリSGのローラン・ブラン監督が敗戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「優れた選手を擁する2つのすばらしいチームによる、クオリティの高い試合だった。技術的にも非常にスタンダードの高い試合だったと思う。とはいえ、結果には少し失望している。レアル・マドリードは、我々よりもチャンスをうまく活かした。今夜の試合ではその点だけが彼らが我々よりも優っていたのだろう。このようなクオリティの高い試合では、もう少し多くの得点が入ってもおかしくはなかった。両チームとも、得点機が何度かあったからね。たくさん集まってくれた観衆に感謝する意味でも、もっと得点が入れば良かった」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る