2013.12.17

パリSGのイブラヒモヴィッチ「エゴを優先すべきではない」

イブラヒモヴィッチ
イブラヒモヴィッチ(左)が「チームが勝つことが何よりも重要」と、コメント [写真]=Getty Images

 パリSGのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニやチームメートについて語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 イブラヒモヴィッチは、今シーズンからチームメートとなったカバーニについて、「僕はチームのために自分のスキルを発揮して、自分のベストのプレーができるように努力している。ゴールを決めたり、チームメートのアシストをしたりしてね。エディ(カバーニの愛称)や他のチームメートがゴールを決めるのは、自分のゴールと同じくらい重要だ」と、コメント。「チームが勝つことが何よりも重要で、個人的なことやエゴを優先すべきではない。個人よりもチームの方が、より多くのことを達成できる。10年前の自分であれば、違う考え方をしていたかもしれない。でも、すばらしいクラブで優れたチームメートとプレーしてきて、考え方が変わってきた」と、話した。

 そして、今シーズンの戦いを振り返って、「リーグ・アンで簡単に首位を走っているわけではない。フランスのチームはどこも強くてアグレッシブだ。フィジカルもすばらしいし、難しい相手ばかりだよ。どのチームもパリSGとの対戦はシーズンのハイライトで、どこも自分たちを倒そうとしてくる。昨シーズンはタイトル獲得というプレッシャーがあったが、今シーズンはタイトル防衛というプレッシャーがある。昨シーズンはチャンピオンになれるようにプレーしていたが、今シーズンはチャンピオンとしてふさわしいプレーができるように努力している。だから、昨シーズン以上に難しい。自分たちと対戦する時の相手は、100パーセントではなく200パーセントの力を出して挑んでくる。簡単な試合などない」と、語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る