2013.06.02

パリSGが前フランス代表監督ブラン氏の招聘で合意か…仏紙報道

ブラン
パリSGの監督就任に近付いていると報じられたブラン氏 [写真]=Getty Images

 パリSGが来シーズンからの新監督として前フランス代表監督のローラン・ブラン氏招聘で合意に向かっていると、フランス紙『ル・パリジャン』が報じている。

 同紙は、パリSGのナセル・アル・ケライフィ会長とブラン氏が会談し、1年間の契約で合意したと伝えている。また、1年間の契約なのは、2014年でアーセナルと契約が切れるアルセーヌ・ヴェンゲル監督を迎え入れるためだと伝えている。

 パリSGは現在指揮官を務めるカルロ・アンチェロッティ監督が、来シーズンからレアル・マドリードを率いるのではないかと見られ、アンチェロッティ監督もレアル行きを希望する発言を残している。一方で、ケライフィ会長は、アンチェロッティ監督は来シーズンもチームを率いると発言していた。

 ブラン氏は、ボルドーを2007年から3年間率いた後、2010年からフランス代表を指揮した。2012年のユーロでは準々決勝で敗退し、代表監督を辞任。その後、多くのクラブから監督候補として名前が挙がってきたが、チームを率いてはいない。現在はローマの監督候補として噂されている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る