2013.05.27

リーグアン閉幕…CL 3枠目はリヨン、EL出場権は逆転でニースの手に

 リーグアン最終節(第38節)が、26日に各地で行われた。

 すでにリーグ優勝を決めているパリSGは、アウェーでロリアンと対戦。ズラタン・イブラヒモヴィッチの先制点とケヴィン・ガメイロの2ゴールで、3-1と快勝し、有終の美を飾った。パリSGは勝ち点を83とし、最終節でランスと引き分けた2位マルセイユに12ポイントの差をつけての優勝となった。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)本戦出場権は、パリSGとマルセイユが獲得した。

 CL予備予選3回戦からの登場となる3位の座は、レンヌに2-0で勝利したリヨンが確保。2シーズンぶりにCLの舞台復帰となる。

 ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフからの出場権を獲得する4位は、最終節で直接対決となった5位リールと4位サンテティエンヌが1-1で引き分け、それぞれ勝ち点をリールが62、サンテティエンヌが63とした中、アジャクシオに2-0で勝利したニースが勝ち点を64とし、前節6位からの浮上で逆転してEL出場権を獲得した。サンテティエンヌは、国内カップ戦のクープ・ドゥ・ラ・リーグを制しているため、ニースとサンテティエンヌがEL出場となる。

 なお、ナンシー、トロワ、ブレストの3チームが2部に降格となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
ラツィオ
18pt
欧州順位をもっと見る