FOLLOW US

イブラがルーニーを勧誘「サインすべき唯一のクラブはPSG」

イブラヒモヴィッチはルーニーのPSG加入を望んでいる[写真]=Getty Images

 パリSGのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、マンチェスター・Uのイングランド代表FWウェイン・ルーニーのクラブ加入を望んでいる。イギリス紙『サン』が伝えた。

 イブラヒモヴィッチは、「もし彼が、サッカー界で最も偉大なプロジェクトに加わりたいのなら、サインすべき唯一のクラブがパリ・サンジェルマンだよ。彼が今夏に下す決断は彼だけが知るものだけど、俺たちがここで構築しようとしているプロジェクトは明確だ。俺たちは、国内リーグを支配するだけでは満足していない。ヨーロッパでもトップのクラブになりたいんだ」とコメント。自クラブへの加入を薦めるとともに、ルーニーへの高い評価も示している。

 「オーナーがなぜルーニーに興味を示しているのかは理解できる。彼はヨーロッパでトップ10に入るストライカーだからね」

 同紙によれば、パリSGのオーナーであるナセル・アル・ケライフィ氏は、ルーニーとはまだ接触していないと主張しているが、「ルーニーは偉大なプレーヤーで、世界屈指のストライカーだ。誰だって彼のような選手は獲得したいと思うよ」と語っている。一方、マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督は、今夏にルーニーを売却することはないと強調している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO