2013.02.19

バルセロナ&マンU、“ピルロの後継者”ヴェッラッティに熱視線

 バルセロナが、自慢の中盤のさらなる戦力アップを目指し、来シーズンに向けた補強としてパリSGのイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティに熱視線を注いでいるようだ。

 ユヴェントスのイタリア代表MFアンドレア・ピルロの後継者と言われる現在20歳のヴェッラッティは、ペスカーラの中心選手としてチームのセリエA昇格に貢献した昨シーズン後、そのピルロの新旧所属クラブであるユヴェントスおよびミランなどとの獲得競争を制したパリSGに移籍した。とはいえ、パリSGでも早速レギュラーに定着したイタリアの若き才能の評価はさらに上昇しており、ヨーロッパのビッグクラブからの興味は増す一方だという。

 ヴェッラッティの代理人を務めるドナート・ディ・カンプリ氏も、フランス紙『Le 10 Sport』とのインタビューで、今シーズンのリーガ・エスパニョーラおよびプレミアリーグで首位を走る2クラブが、とりわけ同選手に強い興味を示していることを明かした。

「スペインとイングランドの偉大なクラブがヴェッラッティに関心を寄せている。また、イタリアの多くのクラブから彼の状況について問い合わせを受けた。だが、現時点ではバルセロナとマンチェスター・ユナイテッドが最前列につけている」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
10pt
ハノーファー
10pt
バイエルン
9pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
セビージャ
10pt
レアル・ソシエダ
9pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
インテル
12pt
欧州順位をもっと見る