2013.02.01

パリSGが更なる大物獲得、ベッカム加入を発表

パリSG加入が決まったベッカム

 パリSGは31日、元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカムを獲得したとクラブ公式HPを通じて発表した。契約期間は6月30日までの5カ月となっている。

 37歳のベッカムは、マンチェスター・Uやレアル・マドリードでプレーし、2007年にロサンゼルス・ギャラクシーに入団。5年半プレーし、今シーズン限りで退団していた。以後、去就に注目が集まり、世界各国からのオファーが報じられていたが、ヨーロッパへ戻る決断をした。

 パリSGを率いるカルロ・アンチェロッティ監督には、ベッカムが2009年1月から6月までミランへレンタル移籍をした際、指導を受けている。なお、パリSGはチャンピオンズリーグで決勝トーナメントに進出しており、1回戦ではバレンシアと対戦する。

 パリSGは、2011年にカタールの王族一家がクラブを買収すると、移籍期間の度に積極補強を進める。今シーズン開幕前も、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチやブラジル代表DFチアゴ・シウヴァなどを獲得。昨夏に獲得の決まっていたブラジル代表MFルーカス・モウラも今冬からチームに合流するなど、大物選手が続々と加入している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る