2012.12.15

モウリーニョ監督がパリSGオーナーと会談か…仏紙報じる

今シーズン限りでのレアル退団がささやかれるモウリーニョ監督

 パリSGが、レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督招聘に向けて交渉していると、フランス紙『Le 10 Sport』が報じている。

 同紙は、モウリーニョ監督の代理人を務めるホルヘ・メンデス氏とパリSGのナセル・アル・ケライフィ会長が、すでに数回協議を行っており、11月末にはモウリーニョ監督自身もクラブのオーナーであるタミム・アル・タニ氏と直接面談をしたと伝えている。

 しかし、クラブは前バルセロナ指揮官のジョゼップ・グアルディオラ氏の監督就任を第一に望んでおり、モウリーニョ監督は、アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督とともに次善策として検討していると併せて論じている。

 モウリーニョ監督は今シーズン限りでのレアル・マドリード退団がささやかれており、パリSG以外にもチェルシーやマンチェスター・Uへの監督就任が噂されている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る