2012.10.31

リーグ・アンで首位を走るパリSG指揮官「ズラタンに依存しているわけじゃない」

指揮官はイブラヒモヴィッチへの味方のサポートが好調さの理由と見ている

 リーグ・アン第10節を終え、唯一の無敗で首位に立つパリSGのカルロ・アンチェロッティ監督が現在のチーム状況について語っている。『ESPN』が伝えた。

 ミランから移籍したFWズラタン・イブラヒモヴィッチがチーム総得点16の内の10ゴールを挙げて躍進の原動力になっているが、アンチェロッティ監督は「我々がズラタンに依存しているとは思わない。強烈な個性と多彩な資質を備えているから彼を連れてきた。毎試合ゴールを決めてくれるのは、彼にとってもチームにとってもいいことだ。私の考えでは、ズラタンをベストのポジションにいさせるために、チームも懸命に仕事をしているんだ」と、ワンマンチームという見方を否定。

 31日には、1試合消化が少ないながら現在リーグ3位につける強豪マルセイユとフランス・リーグカップで激突するが、「マルセイユは非常にいいチームだよ。屈強で個性的な選手が多く、さらに精神力も強いんだ。両チームは激しいライバル関係にあるし、我々を打ち負かしにくるだろう。それはこちらにとっとも同じこと。我々も勝ちたい。第8節の対戦では引き分けているが、もう少しコンパクトに戦えれば勝てたかもしれない。次の試合も同じだよ。注意して戦えば、我々は勝つことができるよ」と自信を見せている。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る