FOLLOW US

イブラがスウェーデンの文学賞を受賞か…メガヒットの自伝が有力候補に

イブラヒモヴィッチの自伝は文学の世界でも評価されるのだろうか

 パリSGのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチの著作が、母国スウェーデンで最も権威のある文学賞アウグスト賞の有力候補となっているようだ。『ESPN』が伝えている。

 注目を集めている本のタイトルは『JAG AR ZLATAN(俺はズラタン)』。スウェーデン人ジャーナリストのデイビッド・ラーゲルクランツ氏と共著した自伝で、スウェーデンのマルメで過ごした貧しかった幼少期からサッカー選手になってからの裏話まで、盛り沢山の内容でイブラヒモヴィッチの半生が綴られている。バルセロナ時代の過激な暴露話も話題となり、昨年11月に発売されるとまたたく間に大ヒット。人口1000万人に満たないスウェーデンで50万部を超える驚異的な売り上げは、あの『ハリー・ポッター』をも遥かに凌駕しているという。

 アウグスト賞の受賞者は11月26日に発表される。スウェーデン最優秀選手やセリエA得点王など数々のタイトルを手にしてきたイブラヒモヴィッチの人生に、新たな勲章が加わるのだろうか。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA