2012.09.07

マンC戦で暴行のバートンへの制裁はフランスでも継続…リーグ・アン9試合に出場停止

 QPRからマルセイユにレンタル移籍中の元イングランド代表MFジョーイ・バートンが、フランスリーグ・アンの9試合で出場停止処分を科せられることとなった。

 バートンは昨シーズンのプレミアリーグ最終節マンチェスター・C戦で暴力行為を働き、12試合の出場停止処分が言い渡されていた。この件についてリーグ・アンを統括するLFP(リーグ・ドゥ・フットボール・プロフェッショナル)が公式HPで、「ジョーイ・バートンがQPRからマルセイユへ移籍した際、彼への処分はFA(イングランドサッカー協会)からフランスサッカー連盟へ引き継がれた。FIFA(国際サッカー連盟)のルールに従えば、選手はすでに3試合の処分を終えており、フランスでは9試合の出場停止が適用される」との見解を示した。

 なお、国際大会には処分が適用されないため、マルセイユが出場しているヨーロッパリーグでのプレーは可能となっている。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る