FOLLOW US

デンマーク指揮官、アクシデントに対する選手の対応を称賛「これ以上ないほど誇らしい」

エリクセンの周りに立って囲むデンマークの選手たち [写真]=Getty Images

 デンマーク代表のカスパー・ヒュルマンド監督は、試合中に起こったアクシデントに対する選手たちの対応を称賛した。12日、イギリス紙『ガーディアン』が報じている。

 12日に行われたEURO2020・グループB第1節のフィンランド戦で、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが突然ピッチに倒れ込み、試合は一時中断の事態となった。すぐにチームメイトが駆け寄って医療チームを呼んだが、同選手の意識は一時的に失われており、ピッチ上では心臓マッサージも行われていた。

 ショッキングな事態を前に涙を堪えきれない選手もいるなか、DFシモン・ケアーらを中心としたデンマークの選手たちは、ピッチ上で緊急治療を受けるエリクセンがカメラに映されないようすぐさま取り囲むようにして立ち、円を形成。無事エリクセンの意識が戻ったことが確認された後は、難しいコンディションの中でも試合を最後まで戦い抜いた。

 指揮官のヒュルマンドは「タフな夜だった」として、アクシデントに見舞われた一夜を振り返った。

「我々は、人生において最も重要なものを思い出さされることとなった。それは素晴らしい関係性を持つことだ。我々には、称賛してもしきれないほどの選手たちがいる。このような、私のとても、とても親しい友人が苦しんでいる時に、互いに良い対応をとることができる人たちのことが、これ以上ないほど誇らしいよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO