FOLLOW US

EURO選外となったS・ラモスが思い明かす「心が痛むけど、正直で、誠実でいなければ…」

スペイン代表メンバーから外れたS・ラモス [写真]=Getty Images

 スペイン代表DFセルヒオ・ラモスは24日、EURO2020の代表メンバーから外れたことに際して、自身のSNSを更新して心境を明かした。

 スペインサッカー連盟(RFEF)は24日、EURO2020に臨む代表チームのメンバーを発表。これまでスペイン代表の主力に長年君臨し、同国初のワールドカップ優勝やEURO2連覇に導いてきたS・ラモスを選外とした。センターバックの代役には、フランスから国籍を変更したマンチェスター・Cのアイメリク・ラポルテらが招集されている。

 レアル・マドリードの主将を務める35歳は、今季クラブでもケガに苦しむ時期が続き、そのコンディションを考慮された上でのメンバー外という結果に。メンバー発表後には、その苦しい思いと仲間への応援メッセージを自身のTwitterに綴った。

「キャリアで味わったことのないような苦しい数カ月と変則的なシーズンを経て、EUROがやってきた」

「レアル・マドリードとスペイン代表に100%で臨めるよう、身体と心に対して戦い、努力してきたけど、物事はいつも望んだようにうまくいくわけではないんだ」

「自分のチームをまた助けられない、そしてスペインを守ることができなかったことには心が痛むけど、こういう時は休んで完全回復し、いつものように来シーズン戻ってくるのが一番だ。国を代表することができないのは痛いけど、正直で、誠実でいなければならない」

「僕の仲間全員の幸運を願っているし、素晴らしいEUROになるといいね。一人のファンとして家から応援するよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO