2016.07.07

ユーロ5大会で検証…PK戦は本当に相手ゴールを選ぶ方が不利なのか?

ドイツ代表
イタリア撃破を喜ぶドイツ代表メンバー。PK戦は自国サポーターを背にして行った [写真]=Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 3日に行われたユーロ2016準々決勝のドイツ対イタリア戦は、120分では決着が着かずPK戦にまでもつれこんだ。

 試合はドイツが勝利しベスト4に駒を進めたのだが、PKのエンドを決める際、キャプテンのMFバスティアン・シュヴァインシュタイガーはイタリアサポーターが集結する側のゴールをあえて選んだことが話題になった。

 こうしたPK戦の際、普通であれば自らのチームのサポーターがいる方のゴールを選ぶものである。なぜなら、ファンはあらゆる手段を使って相手チームにプレッシャーをかけてくれるからだ。

 しかし、シュヴァインシュタイガーは過去の経験からあえてイタリア側のゴールを選択。結果的に勝利したものの、その决定方法が話題となったのだ。

 では、PK戦では本当にサポーターが待つゴール裏を選んだ方が有利なのだろうか? 実際に調べてみた。

 今回調査するのは、ユーロ2000からユーロ2016(準々決勝終了時点)にいたるまでの5大会でPK戦にまでもつれこんだ9ケース。ワールドカップではゴール裏の割り当てがハッキリしない場合があるので、今回はユーロに限ってのデータを取る。ユーロのPK戦で勝利したチームはどちらのゴールで勝利を掴んだのか、あるいはその成功率をそれぞれ調べる。なお、ゴール裏の割り当てがハッキリしないユーロ2004準々決勝のスウェーデン対オランダ戦は除外することにした。

ユーロ2000 準決勝 イタリア対オランダ

PK戦が行われたのは…オランダサポーターがいる側のゴール
PK戦の結果…3-1でイタリアが勝利

【イタリア】
ルイージ・ディ・ビアージョ:○
ジャンルーカ・ペッソット:○
フランチェスコ・トッティ:○
パオロ・マルディーニ:×

【オランダ】
フランクデ・ブール:×
ヤープ・スタム:×
パトリック・クライファート:○
ポール・ボスフェルト:×

ユーロ2004 準々決勝 ポルトガル対イングランド

ベッカム

当時イングランド代表主将のベッカム氏。1番手を務めたが、軸足がわずかに滑って失敗に終わった [写真]=Getty Images

PK戦が行われたのは…ポルトガルサポーターがいる側のゴール
PK戦の結果…6-5でポルトガルが勝利

【ポルトガル】
デコ:○
シモン:○
マヌエル・ルイ・コスタ:×
クリスティアーノ・ロナウド:○
マニシェ:○
エウデル・ポスティガ:○
リカルド・ペレイラ:○

【イングランド】
デイヴィッド・ベッカム:×
マイケル・オーウェン:○
フランク・ランパード:○
ジョン・テリー:○
オーウェン・ハーグリーヴス:○
アシュリー・コール:○
ダリウス・ヴァッセル:×

ユーロ2008 準々決勝 クロアチア対トルコ

PK戦が行われたのは…トルコサポーターがいる側のゴール
Pk戦の結果…1-3でトルコが勝利

【クロアチア】
ルカ・モドリッチ:×
ダリヨ・スルナ:○
イヴァン・ラキティッチ:×
ムラデン・ペトリッチ:×

【トルコ】
アルダ・トゥラン:○
セミヒ・シェンテュルク:○
ハミト・アルティントップ:○

ユーロ2008 準々決勝 スペイン対イタリア

PK戦が行われたのは…スペインサポーターがいる側のゴール
Pk戦の結果…4-2でスペインが勝利

【スペイン】
ダビド・ビジャ:○
サンティ・カソルラ:○
マルコス・セナ:○
ダニエル・グイサ:×
セスク・ファブレガス:○

【イタリア】
ファビオ・グロッソ:○
ダニエレ・デ・ロッシ:×
マウロ・カモラネージ:○
アントニオ・ディ・ナターレ:×

ユーロ2012 準々決勝 イングランド対イタリア

ピルロ

イタリアの3番手を務めたピルロ(右)。鮮やかな“パネンカ”でネットを揺らした [写真]=Getty Images

PK戦が行われたのは…イタリアサポーターがいる側のゴール
Pk戦の結果…2-4でイタリアが勝利

【イングランド】
スティーヴン・ジェラード:○
ウェイン・ルーニー:○
アシュリー・ヤング:×
アシュリー・コール:×

【イタリア】
マリオ・バロテッリ:○
リッカルド・モントリーヴォ:×
アンドレア・ピルロ:○
アントニオ・ノチェリーノ:○
アレッサンドロ・ディアマンティ:○

ユーロ2012 準決勝 ポルトガル対スペイン

PK戦が行われたのは…スペインサポーターがいる側のゴール
Pk戦の結果…2-4でスペインが勝利

【ポルトガル】
ジョアン・モウティーニョ:×
ペペ:○
ナニ:○
ブルーノ・アウヴェス:×

【スペイン】
シャビ・アロンソ:×
アンドレス・イニエスタ:○
ジェラール・ピケ:○
セルヒオ・ラモス:○
セスク・ファブレガス:○

ユーロ2016 ラウンド16 スイス対ポーランド

PK戦が行われたのは…スイスサポーターがいる側のゴール
Pk戦の結果…4-5でポーランドが勝利

【スイス】
シュテファン・リヒトシュタイナー:○
グラニト・ジャカ:×
ジェルダン・シャキリ:○
ファビアン・シェア:○
リカルド・ロドリゲス:○

【ポーランド】
ロベルト・レヴァンドフスキ:○
アレク・ミリク:○
カミル・グリク:○
ヤクブ・ブワシュチコフスキ:○
グジェゴシュ・クリホヴィアク:○

ユーロ2016 準々決勝 ポーランド対ポルトガル

PK戦が行われたのは…ポーランドサポーターがいる側のゴール
Pk戦の結果…4-5でポルトガルが勝利

【ポーランド】
ロベルト・レヴァンドフスキ:○
アレク・ミリク:○
カミル・グリク:○
ヤクブ・ブワシュチコフスキ:×

【ポルトガル】
クリスティアーノ・ロナウド:○
レナト・サンチェス:○
ジョアン・モウティーニョ:○
ナニ:○
リカルド・クアレズマ:○

ユーロ2016 準々決勝 ドイツ対イタリア

ドイツ代表

計18人が蹴ったPK戦はドイツに軍配が上がった [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

PK戦が行われたのは…イタリアサポーターがいる側のゴール
Pk戦の結果…6-5でドイツが勝利

【ドイツ】
トニ・クロース:○
トーマス・ミュラー:×
メスト・エジル:×
ユリアン・ドラクスラー:○
バスティアン・シュヴァインシュタイガー:×
マッツ・フメルス:○
ジョシュア・キミッヒ:○
ジェローム・ボアテング:○
ヨナス・ヘクター:○

【イタリア】
ロレンツォ・インシーニェ:○
シモーネ・ザーザ:×
アンドレア・バルザーリ:○
グラツィアーノ・ペッレ:×
レオナルド・ボヌッチ:×
エマヌエレ・ジャッケリーニ:○
マルコ・パローロ:○
マッティア・デ・シリオ:○
マッテオ・ダルミアン:×

 調査の結果、PK戦に勝利した9チームのうち、自分たちのサポーターが待つゴールで勝利を掴んだケースは5例、逆のケースは4例だった。つまり確率論で見れば、PK戦では自分たちのゴールを選ぶ方が有利という結論になる。

 全9例のなかで93人がPKを蹴っているが、そのうちゴールしたのは66回(成功率70.96パーセント)。

 一方で、自らのチームのゴールに向かって蹴った際の成功率は72.34パーセントであるのに対し、相手ゴールに向かって蹴った際の成功率は67.38パーセントとやや差がついており、やはりPK戦では自らのサポーターの前で蹴った方が若干有利ではあるようだ。

(記事提供:Qoly)


サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング