FOLLOW US

久保所属のマジョルカ、GKレイナに続きMFサルバ・セビージャの退団が決定

サルバ・セビージャが5シーズンを過ごしたマジョルカを退団 [写真]=Getty Images

 マジョルカに所属しているスペイン人MFサルバ・セビージャが25日、自身の公式Twitter上で退団を明らかにした。

 サルバ・セビージャは1984年3月18日生まれの現在38歳。2部リーグで経験を積んだ後、ベティスやエスパニョールで活躍した。2017年夏に、当時3部に沈んでいたマジョルカに加入。初年度から主力として活躍し、翌シーズンの2部復帰や2度の1部昇格に大きく貢献していた。2021-22シーズンもラ・リーガ28試合出場5ゴールを記録しており、年齢による衰えを感じさせないほどにピッチ上では躍動していた。

 退団に伴い、サルバ・セビージャは自身の公式Twitter上で以下のようなメッセージを残している。

「2017年8月26日に、永遠に僕の人生を変えることになるであろう1本の電話が届いた。ハビ・レシオ(SD)とマエタ・モランゴ(元CEO)からだった。彼らからの信頼と熱意によって、僕は数日後にはこの素晴らしい島にいられることとなった。友人、知人の多くが『馬鹿げている』と言った。僕には明るい未来が見えていたし、時間がそのことを証明してくれた。最後の1日までこのクラブに尽くしたという喜び、そして安心感を持って、僕はここを去る」

「多く素晴らしい目標をクラブの皆と共に達成してきた。ファン・サポーターの皆がいつも与えてくれた尊敬と愛情を持ち続けたい。本当に重要な存在だった。応援してくれてありがとう!」

「皆に『またね』と言わなければならない時期が来た。『さよなら』ではない。また会えるよ!本当に、本当に、本当にありがとう!」

 また、マジョルカは今季のラ・リーガ21試合でゴールマウスを守ったスペイン人GKマノロ・レイナの退団も決まっている。

 今シーズン、マジョルカは残留争いに巻き込まれる難しいシーズンとなった。しかし、最終的には10勝9分19敗という成績で残留圏内の16位フィニッシュ。最終節までもつれ込んだものの、来季も1部を舞台に戦うことを確定させていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO