FOLLOW US

アンチェロッティ監督がバロンドールに言及…「来年はマドリードの誰かが…」

2位A・マドリードとは勝ち点差が「4」となっているR・マドリード。勝利でその差を広げられるか [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督が30日、クラブ公式サイトにてコメントした。

 アンチェロッティ監督は、延期分のラ・リーガ第9節アスレティック・ビルバオ戦に向けた公式会見に出席。試合に向けた意気込みを話した。

「チームはこういった消耗に慣れており、モチベーションがあるから私は落ち着いている。高いモチベーションとともにこのような試合に臨むだけの経験があり、問題は無い」

 また、29日に発表されたバロンドールについても言及した。

「バロンドールの順位にはふさわしい価値を与えなければならない。(パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWリオネル・)メッシが獲得し、彼は偉大なプレイヤーであり続けている。選手たちにとって個人賞は大事なものでモチベーションだが、もし獲得出来なくても問題無いと思う」

「出来ることならば、来年はマドリードの誰かが獲得して欲しい。(フランス代表FWカリム・)ベンゼマは素晴らしいシーズンを送り4位だったが、1番になるため試合やトレーニングをするモチベーションがあるだろう。(ブラジル代表FW)ヴィニシウス(・ジュニオール)はバロンドールを勝ち取るだけのレベルの高さがあるし、(クロアチア代表MFルカ・)モドリッチはタイトル獲得の経験がある。我々には(ベルギー代表GKティボー・)クルトワもいる。GKにとって難しい賞ではあるが、彼はトップレベルだ」

 さらに、来月にオープンが迫った冬の移籍市場についてもコメントした。

「一般論として、チームの準備のため夏に向けて取り組んでいかなければならない。1月の調整はあまり好きではない。なぜなら、夏の計画が上手くいかなかったということになりかねないからだ。しかし、このチームが良くならなければならないということは無い。チームは良い形で構成されていて、最後まで戦える」

 勝利すれば暫定で2位との勝ち点差を「7」に広げられるR・マドリード。勝利し、ラ・リーガのタイトル争いにおいて優位に立つことは出来るか。



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO