FOLLOW US

レガネスMF柴崎岳、豪快ミドルでチームを救う! サラゴサに勝利で降格圏脱出

豪快ミドルを突き刺した柴崎 [写真]=Getty Images

 ラ・リーガ・スマートバンク第17節が23日に行われ、サラゴサと日本代表MF柴崎岳が所属するレガネスが対戦。先発出場を果たした同選手は、69分までプレーした。

 ラ・リーガ・スマートバンク第16節終了時点で3勝6分7敗のレガネス。降格圏に沈む同クラブは、23日に行われた第17節でサラゴサと敵地で対戦した。

 降格圏脱出をはかりたいレガネスだったが、12分にアクシデントが発生。相手選手と競り合った際に、MFフェデ・ビコが足を痛め負傷交代を強いられた。しかし、負傷したフェデ・ビコの代わりに出場したMFラザル・ランジェロヴィッチが、相手DFの中途半端なバックパスをカット。そのままゴールキーパーをかわし、15分にレガネスが先制に成功した。

 すると、69分に待望の瞬間が訪れた。ピッチ中央のスペースでボールを受けた柴崎が右足一閃。同選手の今季リーグ戦2ゴール目でリードを2点に広げた。

 試合はこのまま2-0で終了し、リーグ戦4試合負けなしのレガネスは降格圏脱出に成功。同クラブは、28日に行われる第18節でラス・パルマスを“ムニシパル・デ・ブタルケ(レガネスの本拠地)”に迎える。

【スコア】
サラゴサ 0-2 レガネス
【得点者】
0-1 15分 ラザル・ランジェロヴィッチ(レガネス)
0-2 69分 柴崎岳(レガネス)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO