FOLLOW US

バルサ、3点差を追いつかれ4戦未勝利…セルタがアスパスの土壇場ゴールで劇的ドロー!

セルタとバルセロナが対戦した [写真]=Getty Images

 ラ・リーガ第13節が6日に行われ、セルタとバルセロナが対戦した。

 セルタは試合前、昨シーズンに引退するまでセルタ一筋で過ごした元GKセルヒオ・アルバレス氏の引退セレモニーを実施。一方、バルセロナは心臓の問題で戦線離脱を余儀なくされたFWセルヒオ・アグエロへのメッセージが書かれたシャツを着てピッチに登場した。

 セルジ・バルフアン暫定監督のラストゲームとなるバルセロナは、幸先よく5分に先制する。ジョルディ・アルバのスルーパスにアンス・ファティが抜け出し、ペナルティエリア左に侵入。ドリブルで仕掛けてから右足を振り抜くと、シュートは相手DFにも当たってゴールに吸い込まれた。

 バルセロナは18分、セルヒオ・ブスケツがミドルシュートをゴール右下に沈めてリードを広げる。34分にはアルバのクロスにメンフィス・デパイが頭で合わせ、リードを3点にする。

 すると44分、バルセロナにアクシデントが発生。ファティがスプリントの際に左ハムストリングを痛めてプレー続行不可能となり、ピッチを後にした。

 52分、セルタが1点を返す。流れるようなパス回しから敵陣に押し込み、ハビ・ガランが左から高速のクロスを供給。バルセロナの守備陣はクリアしきれず、ゴール前にこぼれたボールをイアゴ・アスパスが押し込んだ。

 セルタは69分、右からのクロスに反応したノリートがネットを揺らしたが、トラップの際にハンドがあったとしてゴールは認められない。それでも74分、敵陣でのボール奪取から速攻に転じ、フランコ・セルビのクロスにノリートが頭で合わせて正真正銘の2点目を獲得する。

 1点差とされたバルセロナは86分、フレンキー・デ・ヨングが中盤からペナルティエリア手前まで一気に運んで左足を振り抜く。しかし、シュートは惜しくもクロスバーに阻まれた。

 すると後半アディショナルタイム6分、セルタが土壇場で試合を振り出しに戻す。ペナルティエリア手前で左からの折り返しを受けたアスパスは、左足ダイレクトで合わせてボールをゴール右下隅へと運んだ。

 試合はこのまま終了。劇的な形で勝ち点を拾ったセルタは2試合連続のドローとなった。バルセロナはリーグ戦2試合連続のドローで4戦未勝利となった。次節は代表ウィーク明けに行われ、セルタは20日にホームでビジャレアルと対戦。シャビ新監督を迎え入れるバルセロナは、同日にホームでエスパニョールと対戦する。

【スコア】
セルタ 3-3 バルセロナ

【得点者】
0-1 5分 アンス・ファティ(バルセロナ)
0-2 18分 セルヒオ・ブスケツ(バルセロナ) 
0-3 34分 メンフィス・デパイ(バルセロナ)
1-3 52分 イアゴ・アスパス(セルタ)
2-3 74分 ノリート(セルタ)
3-3 90+6分 イアゴ・アスパス(セルタ)



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO