FOLLOW US

U-24スペイン代表FW、日本戦へ意気込み「役割はゴールを決めること」

準々決勝でハットトリックを達成したラファ・ミル [写真]=Getty Images

 U-24スペイン代表FWラファ・ミル(ウルヴァーハンプトン/イングランド)が、同国代表について語った。8月1日、スペイン紙『アス』が伝えている。

 U-24スペイン代表は、7月31日に行われた東京オリンピック男子サッカー競技の準々決勝でU-24コートジボワール代表と対戦。スペインは先制点を奪われたものの、30分に追いつくことに成功した。後半アディショナルタイムにまさかの失点を喫したものの、途中出場したラファ・ミルが値千金の同点ゴールを奪い、試合は延長戦に突入。98分にFWミケル・オヤルサバルが勝ち越しゴールを決めると、その後ラファ・ミルが2ゴールを追加し、5-2で勝利したスペインが準決勝進出を決めた。

 途中出場でハットトリックを達成したラファ・ミルは「ウォーミングアップをしていて、延長戦に突入すると思っていたから(失点後は)気持ちを切り替えなければならなかった。相手チームがゴールを決めたのを見た瞬間、僕は彼らが喜ぶ姿を見ることもなく、ベンチに駆け寄って着替えたんだ」と出場した時の心境を明かした。

 さらに同点ゴールについては「コーナーを突いたゴールも、バイシクルキックから決めたゴールも、昨日(31日)のようにこぼれ球から決めたゴールも、全てに同じ価値がある。自信や士気が高まり試合を続ける意欲を与えてくれるんだ」と振り返った。

 3日に行われるU-24日本代表戦を前にラファ・ミルは「ストライカーが長い時間プレーすれば、多くの得点のチャンスがあることは明らかだけど、たった1分でもゴールを決めることができると証明しただろう。(僕の)役割は、チームメイトを助け、ゴールを決めること。僕は、チームのために最善の決断をする監督の考えに従う」と意気込みを語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO