FOLLOW US

ロドリゴ弾で先制も…レアル、プレシーズンマッチ初戦は逆転負け

プレシーズンマッチ初戦に臨んだレアル・マドリード [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードの今夏最初のプレシーズンマッチは逆転負けに終わった。

 レアル・マドリードは25日、プレシーズンマッチ初戦で2020-21シーズンのスコティッシュ・プレミアシップ王者に輝いたレンジャーズと対戦。スタメンには新主将に就任したマルセロのほか、ロドリゴやイスコ、マルティン・ウーデゴーアらが名を連ねた。

 試合は8分、ドリブルで前線まで運んだウーデゴーアからパスを受けたロドリゴがエリア内で仕掛けると、最後は右足でゴールへと流し込み、先制に成功した。

 その後、ロドリゴや途中出場のセルヒオ・アリバスに追加点のチャンスがあったものの、決めることができず。55分にファッション・サカラに得点を許し、同点に追いつかれる。さらにその後、ナチョ・フェルナンデスの退場で数的不利となると、77分にセドリック・イッテンに勝ち越しゴールを決められ、1-2で逆転負けを喫した。

 今夏に就任したカルロ・アンチェロッティ監督のプレシーズンマッチ初戦を勝利で飾ることができなかったレアル・マドリードは次戦、8月8日にプレシーズンマッチでミランと対戦する。

【スコア】
レンジャーズ 2-1 レアル・マドリード

【得点者】
0-1 8分 ロドリゴ(レアル・マドリード)
1-1 55分 ファッション・サカラ(レンジャーズ)
2-1 77分 セドリック・イッテン(レンジャーズ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO