FOLLOW US

バルサと新星モリバの溝は深まるばかり?…新契約拒否の18歳をBチームでベンチ外の冷遇

昨季バルサでブレイクしたMFモリバ [写真]=Getty Images

 バルセロナにとって、スペイン人MFイライクス・モリバとの契約更新は今夏の大きな懸念材料の1つとなっているようだ。23日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 バルセロナは、昨季トップチームでデビューを果たし実力を示したモリバに対して今夏新たな契約を提示。しかし18歳はこの契約内容に難色を示し、クラブとの契約を拒否したようだ。これに怒りを見せたバルセロナは、新契約を受け入れないモリバをトップチームからBチームに送り、冷遇を見せて許容しない姿勢を貫いている。

 さらに23日に行われたBチームのトレーニングマッチでは、バルセロナはモリバをメンバー外に。両者の溝はいまだ深く、2022年に切れるモリバの契約問題は大きな懸念材料となっていると考えられている。若くしてラ・リーガの舞台でブレイクした18歳には、特にマンチェスター・Cやチェルシーなど多くのビッグクラブが強い関心を示しており、その去就は予断を許さない状況になっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO