FOLLOW US

レアルがFWヨヴィッチの売却を検討…フランクフルトやプレミアクラブが関心か

フランクフルトで活躍したヨヴィッチ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチの売却を検討しているようだ。スペイン紙『アス』が伝えている。

 2019年にフランクフルトからレアル・マドリードへ6000万ユーロ(約79億円)で完全移籍を果たしたヨヴィッチだが、スペインでは思うようなパフォーマンスを見せられず、今年の1月からシーズン終了時までの期限付き移籍でフランクフルトへ復帰した。フランクフルトでは先発の機会こそ少なかったものの、12試合で3ゴールを記録し、フランクフルトとの新契約締結の可能性も報じられている。

 レアル・マドリードは新型コロナウイルスによる減収が見込まれる中、スカッドの再編を目指しコストカットのためまだ23歳と若いヨヴィッチの売却を考えている模様だ。

 同紙によるとフランクフルトも買い戻しを考えているようだが、ネックとなるのは移籍金。4000万ユーロ(約53億円)まで下がったと見られているが、それでもフランクフルトにとっては苦しいという。

 また、マンチェスター・Uやチェルシーなど、イングランドの複数クラブも関心を寄せているが、まだ具体的なオファーに結びついていないようだ。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO