FOLLOW US

スアレス、アトレティコ移籍当時を回想「バルサのレベルにいないと言われ…」

アトレティコ・マドリードのルイス・スアレス [写真]=Getty Images

 ウルグアイ代表FWルイス・スアレスアトレティコ・マドリードへの移籍当時を振り返った。スペイン紙『マルカ』が15日に伝えている。

 スアレスは2014年夏にリヴァプールからバルセロナに加入すると、公式戦283戦に出場して198得点を記録。2020年夏にアトレティコ・マドリードに移籍を果たすと、加入1年目でリーグ戦30試合19ゴールを挙げ、得点ランク4位となっている。

 同選手はアトレティコ・マドリードへの移籍を振り返り、「ここに来ることは僕にとって非常に大きな挑戦だったよ。昨年はバルセロナで多くの批判を受け、僕はバルセロナのレベルにいないと言われてきた。だから僕はトップレベルの選手であることを示し続けたかったし、そのために挑戦をした。アトレティコ・マドリードへの移籍は大きな挑戦であり、大きな熱意を持っていたよ」と話した。

 またスアレスは、新型コロナウイルスの影響により「スタジアムでのサポーターの暖かさ、雰囲気を味わうことはできていない」と述べ「できるだけ早く満員のスタジアムでプレーできることを望んでいる。まだ満員のスタジアムで点を取ることは想像できないけど、その瞬間が来ることを願っているよ」とした。

 将来については「カタールでワールドカップに出場したいと思っているよ」と語り「あと2、3年はトップレベルでプレーして、時が来たら別の決断をしなければならない。アメリカでもプレーすることはできるかもしれないけど、どうなるかはわからない」と明かした。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO