FOLLOW US

2得点のグリーズマン、リーガ優勝は「僕たちの手の中にある」

アメリカへの熱い思いを語ったグリーズマン [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、逆転でのリーグ優勝へ意気込みを語った。25日、スペイン紙『アス』が伝えている。

 リーガ・エスパニョーラ第32節が25日に行われ、バルセロナはビジャレアルと対戦。26分に先制を許したものの、28分にグリーズマンが同点弾を挙げると、35分にもグリーズマンが得点を記録し、2-1で逆転勝利を収めた。

 グリーズマンは試合後、「先制点を決められたが、その後に頭を下げることなくいいリアクションを見せることができた。でも、彼らに得点を許す前に3回の決定機を逃してしまった。先制点を決められれば、より楽になることができた。僕たちにはあと、6、7試合の決勝が残されているようなもので、全てに勝つ必要がある」と語ると、2ゴールについては次のように振り返った。

「2人のCBの間に移動して、走るためのスペースを探そうとした。通常のポジションではなかったが、チームメイトと一緒にバルサのためにプレーすることを誇りに思っている。時々ゴールを決めることもあれば、時々アシストをすることもある。チームメイトとは快適にプレーすることができている」

 同試合の逆転勝利で1試合消化の多い2位レアル・マドリードと勝ち点「71」で並んだバルセロナ。また、同日行われた試合で、首位アトレティコ・マドリードがアスレティック・ビルバオに敗れたため、首位との勝ち点差は1試合少ないながら「2」となった。グリーズマンは逆転優勝に向け、次のように意気込みを語った。

「僕たちはみんなリーグ優勝したいと思っている。セビージャ(4位)もいるけど、残りのすべての試合に勝利するつもりだ。それが優勝する唯一の方法だ。僕たちよりも上にいるチームが一番いいポジションにいる。アトレティコは信じられないシーズンを送っているが、僕たちも可能な限り最善を尽くしている。優勝は僕たちの手の中にある。残っているすべての試合に勝たなければならない」

 バルセロナは次節、29日にホームで8位グラナダと対戦する。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO