FOLLOW US

ソシエダ、33シーズンぶり2度目の国王杯優勝! PK弾守り切りビルバオ下す

コパ・デル・レイを制覇したレアル・ソシエダ [写真]=Getty Images

 1年遅れで開催された2019-2020シーズンのコパ・デル・レイ決勝が3日に行われ、アスレティック・ビルバオレアル・ソシエダが対戦。レアル・ソシエダが1986-1987シーズン以来となる2度目のコパ・デル・レイ優勝を果たした。

 アスレティック・ビルバオは準決勝でミランデスを下して決勝に進出。アスレティック・ビルバオはこれまで23度制覇しているものの、1983-1984シーズン以降優勝から遠ざかっている。一方、レアル・ソシエダは準決勝でグラナダを撃破し、1987-1988シーズン以来の決勝進出となった。

 前半を両チームスコアレスで終えると、58分に試合が動く。レアル・ソシエダは、ミケル・メリーノのスルーパスに反応したポルトゥがDFの裏に抜けて決定機を演出。すると、ポルトゥを後ろから追うイニゴ・マルティネスがペナルティエリア内で倒す。

 VAR判定の結果、63分にレアル・ソシエダにPKが与えられる。PKのキッカーを務めたミケル・オヤルサバルは、GKの逆をつきゴール右に決め、レアル・ソシエダが待望の先制点を獲得した。

 このゴールが決勝弾となり、レアル・ソシエダが1-0でアスレティック・ビルバオに勝利を収めた。この結果、レアル・ソシエダが33シーズンぶり2度目のコパ・デル・レイ優勝を果たした。

【スコア】
アスレティック・ビルバオ 0-1 レアル・ソシエダ

【得点者】
63分 ミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ/PK)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO