FOLLOW US

レアルがスペイン代表DFの獲得に興味…現在はマンCから期限付き移籍中

スペイン代表のポーロ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは、スポルティングでプレーするスペイン代表DFペドロ・ポーロを獲得する可能性があるようだ。3月31日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 ポーロは、1999年生まれの21歳でジローナの下部組織出身で、ポジションは主に右サイドバック。2019年からはマンチェスター・Cに所属しており、昨シーズンはバジャドリードへ、そして今シーズンはスポルティングへ期限付き移籍し、現在はW杯予選を戦うスペイン代表にも選出されている。

 そんなポーロに対して、レアル・マドリードが獲得に興味を抱いているようだ。同クラブは右サイドバックのレギュラーを務めるDFダニエル・カルバハルと、ポジションを争わせたいと考えているという。またカルバハルが現在29歳ということもあり、世代交代の要素も含まれているようだ。

 ポーロは来シーズン終了時点までスポルティングへ期限付き移籍する契約となっているが、所属元のマンチェスター・Cとは2024年6月まで契約を結んでいるとのこと。今後イングランドでプレーすることも考えられ、レアル・マドリードマンチェスター・Cと争奪戦になる可能性があるという。

 かつて右ウイングとして攻撃的なポジションを務めていたが、サイドバックとして急成長したポーロ。果たして、今後はどのようなキャリアを歩んでいくのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO