FOLLOW US

初スタメンのアザール、超絶ミドルで先制弾! レアルが岡崎不在のウエスカ下す

レアル・マドリードとウエスカが対戦した [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第8節が31日に行われ、レアル・マドリードとウエスカが対戦した。ウエスカに所属するFW岡崎慎司は、負傷のためメンバー外となった。一方、レアル・マドリードのエデン・アザールは今季の公式戦で初スタメンを果たした。

 序盤の支配率で上回ったウエスカは20分、ボルハ・ガルシアの浮き球パスに反応したラファ・ミルがネットを揺らしたが、オフサイドでゴールとはならず。対するレアル・マドリードは25分、マルセロのアーリークロスにセルヒオ・ラモスが頭で合わせたが、枠を捉えたシュートは相手GKの好セーブに阻まれた。

 レアル・マドリードは40分に待望の先制点を獲得する。フェデリコ・バルベルデの縦パスを受けたアザールが反転で相手一枚を剥がすと、エリアの外で左足一閃。約25メートル離れた位置から無回転の強烈なミドルシュートをゴールに突き刺し、今季の公式戦初ゴールを記録した。

 すると45分、レアル・マドリードが追加点を獲得する。右サイドのルーカス・バスケスがクロスを供給すると、カリム・ベンゼマが胸でのコントロールから左足で押し込んだ。2点のリードで折り返したホームのレアル・マドリードは、後半の早々にも追加点を獲得。54分、速攻からファイナルサードまで押し込むと、ベンゼマの柔らかい折り返しからフリーで受けたバルベルデがボレーシュート。正確にゴール左下隅を撃ち抜いた。

 勝利をほぼ手中に収めたレアル・マドリードは、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ・インテル戦も見据えて、次々と交代カードっを切る。そんななか74分、ウエスカは左サイドを攻略してラファ・ミルが折り返すと、飛び込んだダビド・フェレイロが押し込み1点を返した。しかし、レアル・マドリードは終盤に相手を突き放す1点を獲得。マルセロのクロスをロドリゴが頭で折り返し、さらに飛び込んだベンゼマがネットを揺らした。

 試合はこのまま終了。レアル・マドリードは“エル・クラシコ”に続き、リーグ戦2連勝を収めた。一方、敗れたウエスカは2連敗となり、8試合を消化して未だに勝利がない。次節、レアル・マドリードはチャンピオンズリーグのインテル戦を挟んで8日に敵地でバレンシアと、ウエスカは7日にMF乾貴士とFW武藤嘉紀が所属するエイバルとホームで対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 4-1 ウエスカ

【得点者】
1-0 40分 エデン・アザール(レアル・マドリード)
2-0 45分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
3-0 54分 フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリード)
3-1 74分 ダビド・フェレイロ(ウエスカ)
4-1 90分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA