FOLLOW US

スアレスのアトレティコ加入が正式決定! バルサでの6年間の歴史に幕

スアレスがアトレティコに加入した [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードは23日、バルセロナに所属しているウルグアイ代表FWルイス・スアレスの加入で合意に至ったことを発表した。バルセロナのクラブ公式HPによると、アトレティコ・マドリードは変動制で約600万ユーロ(約7億4000万円)を支払うことになる。今後はメディカルチェックを受け、問題がなければ正式に契約を締結するようだ。
 
 現在33歳のスアレスは、母国ナシオナルの下部組織出身。フローニンゲンとアヤックスを経て2011年冬に加入したリヴァプールでは、公式戦133試合の出場で82ゴール47アシストを記録した。2014年夏に8230万ユーロ(当時レートで約113億円)の移籍金でリヴァプールからバルセロナへ完全移籍。公式戦通算283試合の出場で198ゴール97アシストを記録し、4度のリーガ・エスパニョーラ制覇や2014-2015シーズンのチャンピオンズリーグ優勝などに貢献してきた。

 しかし、今季からバルセロナを率いるロナルド・クーマン監督の構想からは外れ、今夏の退団が確実視されていた。一時はユヴェントスへの移籍が決定的と報じられていたものの、ユヴェントスのスポーツ・ディレクターは先日、市民権の問題を理由に同選手の獲得を見送ると明言していた。

 アトレティコ・マドリードは昨季までストライカーを務めていたスペイン代表FWアルバロ・モラタのユヴェントスへの移籍が決定した。スアレスには“新エース”として大きな期待が寄せられている。また、バルセロナはスアレス退団に際し、24日の午後から送別イベントや記者会見を行うことを発表している。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA