FOLLOW US

久保建英、ビジャレアルへのレンタル移籍が正式決定! 来季EL参戦へ

ビジャレアル移籍が決定した久保建英 [写真]=Getty Images

 ビジャレアルは10日、レアル・マドリードからMF久保建英をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

 契約期間は2020-21シーズン終了までの1年間。久保は翌11日に入団会見を行う。同日付のスペイン紙『マルカ』によると、レンタル料は約200万ユーロ(約2億5000万円)で、買い取りオプションはついていないという。

 2001年6月生まれで19歳の久保は、9歳からバルセロナの下部組織でプレーしていたが、同クラブが18歳未満の外国人選手獲得に関する規定に違反したことから公式戦出場が不可能となったため、当時13歳の2015年に日本へ帰国。同年5月にFC東京U-15むさしに加入し、2017年11月には16歳の若さでFC東京とプロ契約を締結した。2018シーズンには横浜F・マリノスへの期限付き移籍を経験し、2019シーズンはFC東京へ復帰して主力として活躍。昨年6月にレアル・マドリードへの移籍を果たしていた。

 2019-20シーズンはマジョルカにレンタル移籍。加入当初は定位置確保に苦しんだものの、シーズン後半には主力に定着し、初挑戦のリーガ・エスパニョーラで35試合出場、4ゴール4アシストを記録するなど存在感を示した。だが、マジョルカは最終的にリーグ19位でシーズンを終え、わずか1年での2部降格が決定していた。

 今オフ、久保には多くのクラブからのオファーが届いていた。当初はセビージャへのレンタル移籍が決定的と報じられていたものの、条件面で折り合いがつかなかったことから最終的には破談したと報じられた。その他にもグラナダ、セルタ、オサスナなどのクラブが最後まで候補に挙がっていたが、2019-20シーズンのリーガ・エスパニョーラを5位で終え、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を確保しているビジャレアルが久保の争奪戦を制した。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA