FOLLOW US

チェルシー移籍が噂のGKオブラクが残留へ…アトレティコが売却を拒否

アトレティコ・マドリードはオブラクの売却を拒否した [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードに所属するスロベニア代表GKヤン・オブラクは来シーズン以降も同クラブに残留する模様だ。29日にスペイン紙『マルカ』が報じている。

 オブラクは今夏の移籍市場でチェルシーへの移籍が噂されていた。同クラブはスペイン代表GKケパ・アリサバラガの代役を模索しており、新守護神としてオブラクの動向を注視していたという。

 しかし、同紙によるとアトレティコ・マドリードの会長を務めるエンリケ・セレソ氏は同選手の退団を否定したと伝えられている。同氏はオブラクの売却も拒否し、来シーズン以降もアトレティコ・マドリードに残留する認識であると述べていたようだ。

 オブラクは過去数シーズンに及んで、世界最高のGKとしてサッカー界から評価されている。果たして同選手は今後もアトレティコ・マドリードにて活躍し続けることができるのであろうか。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA