FOLLOW US

居場所失うベイルに恩師が言及「もう少し自分で発言するところが見たい」

2020.07.26

ジョン・トシャックがギャレス・ベイルの状況に言及した [写真]=Getty Images

 かつてレアル・マドリードやウェールズ代表でも監督を務めたジョン・トシャック氏がFWギャレス・ベイルについて言及した。イギリスメディア『BBC』が23日に報じている。

 週給60万ポンド(約8100万円)を受け取るベイルの現行契約は2022年6月までとなっているが、ジネディーヌ・ジダン監督からは出場機会が与えられず、また、ベンチでの“居眠り”が批判の的になるなど、レアル・マドリードで居場所を失いつつある。

 ベイルの状況についてトシャック氏は以下のようにコメントしている。

「こういうことはよくあることだが、うまくいかないときや、コーチが別の考え方を持っているときはその問題と向き合って解決しなければならない。対話が必要だと思う。エージェントが介入してきて、『あと2年間の契約が残っているからそれを履行する』と言ってきたら、私には受け入れられないだろうね。私はギャレスがもう少し自分自身で発言するのところが見たいし、ここにいる多くの人々もそう思うだろう」

 16歳のベイルをウェールズ代表に招集したかつての恩師は、ベイルが自分自身の置かれた状況を真剣に見つめ、クラブと話し合う機会をつくることを推奨している。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO