FOLLOW US

マジョルカ、セビージャに完敗で残留厳しく…乾所属エイバルが残留決定

セビージャが力の差を見せつけマジョルカに完勝した [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第36節が12日に行われ、MF久保建英が所属するマジョルカセビージャと対戦した。

 試合は序盤からセビージャのペースで進む。38分、マジョルカのDFアレハンドロ・ポソがエリア内でハンドを犯してセビージャがPKを獲得。これをルーカス・オカンポスがGKの逆に決めて先制に成功した。

 反撃に出たいマジョルカだが、ほとんど攻撃のチャンスを演出することなく前半が終了。マジョルカの前半の枠内シュートは0に終わった。

 後半になると久保のドリブルなどからいくつかのシュートを放つも、なかなかゴールラインを割ることができないマジョルカ

 すると84分、セビージャのGKヤシヌ・ブヌのパントキックに反応したユセフ・エン・ネシリがダイレクトで相手GKの頭上を越すループシュートを放つと、ボールはそのままゴールへと吸い込まれ、マジョルカは痛恨の追加点を献上してしまう。

 終盤のマジョルカの猛攻もむなしく試合はそのまま終了し、セビージャが相手にほとんどチャンスを与えず2-0で完勝を収めた。なお、セビージャはこの勝利で15試合負けなしとなっている。また、マジョルカの敗戦で乾貴士が所属するエイバルの残留が決定した。

【スコア】
セビージャ 2-0 マジョルカ

【得点者】
1-0 38分 ルーカス・オカンポス(PK/セビージャ
2-2 84分 ユセフ・エン・ネシリ(セビージャ

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA