FOLLOW US

“1G1S”のオカンポス、GKのシュートを止めたフィールドプレイヤーは5大リーグ初

エイバル戦で1ゴール1セーブを記録したオカンポス [写真]=Getty Images

 セビージャに所属するアルゼンチン代表MFルーカス・オカンポスが、6日に行われたリーガ・エスパニョーラ第34節で新境地を開拓した。

 オカンポスは同試合の56分、ヘスス・ナバスのクロスに合わせて先制点を獲得。今季リーグ戦の得点数を「13」に伸ばした。

 すると後半アディショナルタイム6分、セビージャのGKトマーシュ・ヴァツリークがエイバルのFWキケ・ガルシアと接触。ヴァツリークは退場を余儀なくされ、交代枠を使い果たしていたセビージャはオカンポスを急造GKにこしらえる。その直後のエイバルのコーナーキックでは、エイバルのGKマルコ・ドミトロヴィッチがこぼれ球に反応してシュートを放つが、オカンポスはこれをセーブ。オカンポスの大活躍でセビージャは完封勝利を収めた。

 データサイト『Squawka』によると、オカンポスは5大リーグで約3年ぶりとなる、1試合にセーブと得点両方を記録した選手に。最後に5大リーグで1試合に両方を記録したのは、現在エンポリに所属するイタリア人GKアルベルト・ブリニョーリ。2017年10月、当時ベネヴェントに所属していた同選手は、ミラン戦の後半アディショナルタイム5分に劇的な同点弾をマークした。

 また、オカンポスは5大リーグで前人未到の記録も達成したようだ。データサイト『Opta』によると、オカンポスは同サイトが統計を開始した2006-07以降では初となる、「相手GKのシュートをセーブしたフィールドプレイヤー」になった。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA