FOLLOW US

「自宅にいてくれたら…」マジョルカ戦控えるレアルのジダン監督、久保建英に警戒感

レアルのジダン監督(左)が、マジョルカの久保(右)に警戒感 [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が、24日に行われるリーガ・エスパニョーラ第31節・マジョルカ戦で相対する日本代表MF久保建英について言及した。23日に、スペインのラジオ局『カデナ・セール』が報じている。

 現在、レアルはリーグ戦でバルセロナと熾烈な首位攻防戦を繰り広げている。バルセロナは23日の試合でアスレティック・ビルバオに1-0と勝利し、勝ち点「68」で暫定首位に浮上。しかし、レアルもマジョルカに勝利すれば、直接対戦成績で1勝1分とバルセロナを上回っているため、再び首位の座を奪還できる状況だ。

 ジダン監督は、現在レアルから期限付き移籍でマジョルカに加入している久保について、ユーモアをまじえつつ称賛した。

「彼にとっての今シーズンは良いものだと思う。マジョルカでレギュラーとしてプレーしているし、それは彼とレアルが求めていたものだからね。とても興味深い選手だ。でも、明日は自宅にいてくれるなら、それに越したことはない」

「彼の健闘を祈りつつ、来シーズンはどうなるか見ものだね。いずれ、決定がなされるだろう」と、ジダン監督は来シーズンの久保のプレー先については言及を避けた。だが、名将が24日のマジョルカ戦で久保に警戒感を示しているのは、間違いのないところだ。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA