FOLLOW US

首位陥落のバルセロナにさらなる試練、メッシとグリーズマンが衝突か

バルセロナのメッシ(左)とグリーズマン(右)[写真]=Getty Images

 バルセロナはラ・リーガ第30節のセビージャ戦でスコアレスドローに終わり、首位の座をライバルのレアル・マドリードに明け渡した。

 選手たちはフラストレーションを抱えているのか、6月22日のトレーニングではリオネル・メッシアントワーヌ・グリーズマンがつかみ合う事態が発生したという。スペインメディアの情報として、メキシコ『RECORD』やペルー『LIBERO』など、様々なメディアが伝えている。

 報道によると、メッシとグリーズマンが練習中に口論を展開。殴り合いに発展しそうな気配を見せたため、キケ・セティエン監督やほかのチームメートが慌てて止めに入り、両者を引き離したという。

 両者の間にある緊張関係は数日前から伝えられており、第29節レガネス戦(2-0でバルセロナ勝利)では、メッシ、グリーズマンともに先発フル出場を果たしたものの、メッシからグリーズマンへのパスが1本もなかったことが話題になっていた。

 グリーズマンは昨夏にバルセロナの一員になったが、ここまで本領発揮しているとは言い難く、最近ではネイマール(パリ・サンジェルマン)とのトレード要員にも名前が挙がっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA